飲食店をもつ夢を叶えるために
ライフノートを利用しています。

斧田達郎

元リスティング広告コンサル
飲食店開発 [2016年入社]

飲食店をもつ夢を叶えるためにライフノートを利用しています。元リスティング広告コンサル 渡辺友希 飲食店開発 [2016年入社]

ライフノートを選んだ理由は?

高校生の頃から、将来は飲食店を開きたいと思っていました。ただ、それはいつでもできるし、今後はネットの知識が必ず必要になると考え、大学卒業後、リスティング広告の代理店に就職。広告の運用やコンサルを2年半ほどやりました。その後、もう少し飲食に近いことをやっておきたいと思い、リクルートに入社。グルメ媒体の個人営業と法人営業を4年くらい担当しました。そろそろ独立しようと思いながら、友だちの出店を手伝うなどブラブラしていた頃、ライフノートに転職したリクルート時代の先輩から連絡がありました。「飲食店をやりたいって言っていたよね?ウチでやれば?」と。それから飲食事業を新たな柱に育てていくという話を聞き、こんな風にゼロから立ち上げに関われるところはほとんどないという思いから、入社を決めました。

現在の仕事内容は?

現在は飲食店を出店するための物件探しや企画をメインに、採用や営業組織のマネジメントなど、さまざまな仕事を掛け持ちしています。営業組織マネジメントは、新しい営業部隊のメンバー編成から戦略まで考え、メンバーのサポートをしつつ軌道にのせていく仕事です。飲食事業は、10店舗10業態がひとつの目標。ようやくスペインバルの出店が具体化してきました。

ライフノートの魅力は、自分のやりたいことにチャレンジできること。これまでの会社では誰かがやってきたことを身につけ、なぞっていくというやり方でしたが、ライフノートは決まっていないことをやっていくので、やり方から考えなければいけない。生み出していく難しさと楽しさがあります。そういう意味でも、会社を利用するくらいの気概の持ち主がライフノートに合っていると思います。雇われる精神、受け身だと続きません。ともに会社を大きくしていくという思いの人と働きたいですね。

略歴
2009年に武蔵大学卒業後、株式会社アイ・エム・ジェイに入社。株式会社リクルートへ転職した後、2016年にライフノート入社。