苦しいことは一般企業の倍くらいあるが、
嬉しいことはさらにその倍くらいある。

近藤聖樹

元リクルート
新規事業立ち上げ、
面接・研修担当 [2014年入社]

苦しいことは一般企業の倍くらいあるが、嬉しいことはさらにその倍くらいある。元リクルート 近藤聖樹 新規事業立ち上げ、面接・研修担当 [2014年入社]

ライフノートを選んだ理由は?

代表の太田とは、前職のリクルート時代からの縁があって。僕が地元の岡山から東京へ出てきたとき、配属されたのが太田のチームでした。ともに働いていた期間はわずか半年ほどだったのですが、社内でもトップ営業として知られた太田の存在は大きかったですね。それから数年、リクルートでキャリアを積み上げましたが、このまま営業しか知らないより、できることの幅を広げたいと思うようになりました。岡山から東京という新たな舞台へ挑戦することで成長できたように、新しいことに挑戦しなければ成長曲線が鈍るという危機感もありました。そんな悶々としていた頃、太田から「いっしょに働こう」と連絡があったのです。

ライフノートの魅力は?

入社してからは、グルメ媒体営業のマネージャー、責任者、新規事業開発、美容媒体営業のマネージャー、面接や研修などの人事を担当し、今は大阪で新規事業の立ち上げに携わっています。おそらく、社内でいちばん多くの職務を経験していると思いますよ。そんな立場から言えることは、ライフノートは決まっていないことが多いから、自分で考え、行動できる人は向いている。そのぶんタイヘンなことは大手企業の倍はあるけれど、楽しいこと嬉しいことは、3倍も4倍もあると思う。振り返っても、つらかったことは1度くらい。これがかなり重かったのですが(笑)。楽しかったことはたくさんあります。最近では、自分が採用して研修を行ったメンバーが、営業トップの成績で表彰されたとき。自分が表彰されるより嬉しかったですね。今後も、嬉しいことはもちろん、苦しいこともたくさん増やし、波をもっとつくることで、人間的にも仕事的にも幅を広げていきたいと思います。

略歴
2008年に岡山情報ビジネス学院 会計科を卒業後、株式会社リクルートに入社。岡山、東京で6年間在籍した後、2014年にライフノート入社。